サルビア

●シソ科の一年草。
 夏花だんの主役ともいわれる花で、すっと立った燃えるような赤い花は夏にぴったりです。
 一般的によく見かける赤色のほかに、最近ではピンクや紫、白の花も見られるようになりました。紫色のものはブルーサルビアと呼ばれ、暖かい地域では冬を越すことができます。
 ハーブの一種であるセージもサルビアの仲間です。

●栽培ポイント
 丈夫で育てやすい花ですが、唯一の弱点は車の排気ガスに弱いことです。交通量の多いところでは、つぼみが落ちてしまい、花が咲かないこともあります。
 草丈が伸びすぎてしまったら切り戻しを行うと、再び花を咲かせます。

●花ことば
 燃ゆる思い(赤花)
 知恵(紫花)

●ひとこと
 長く咲いているように見えるサルビアの花ですが、花の部分は3日ほどで落ちてしまいます。残ったガクが花びらのようなので、長く楽しむことができるのです。


花・木の紹介へ戻る
トップへ戻る

富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合
〒403-0005
山梨県富士吉田市上吉田5605番地
TEL(0555)22-3355