サルスベリ(百日紅)

●ミソハギ科サルスベリ属の落葉広葉樹。
 木登りの上手なサルでも、この木に登るときはすべってしまうほど、幹がツルツルしているというのが名前の由来です。この美しい幹も、サルスベリが庭木として人気がある理由の1つといえます。
 夏には紅色の花が咲きます。とても長く咲き続けることから、「百日紅(ひゃくじつこう)」という別名があります。花を元気よくたくさん咲かせるためには、冬の剪定と肥料が欠かせません。
 最近では、白い花が咲くシロサルスベリもよく見られるようになりました。白花は夏の庭にすずしげな雰囲気を与えてくれます。


花・木の紹介へ戻る
トップへ戻る

富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合
〒403-0005
山梨県富士吉田市上吉田5605番地
TEL(0555)22-3355