フジ

●マメ科フジ属のつる性落葉広葉樹。
 はるか昔、万葉の時代から、その美しい姿が歌に詠まれてきた花です。
 長く垂れた花穂にはほのかな香りがあり、ながめているだけで優雅な気分にさせてくれます。
 日本のフジは、つるが左巻きで花穂の短いヤマフジ系と、つるが右巻きで花穂の長いノダフジ系に分けられます。どちらも性質は丈夫で、日当たりのよいところを好みます。
 また、水やりを十分に行うことも大切なポイントの1つです。
 花はフジの色そのものを指す藤色と白が主流ですが、ピンクや濃い紫色のもの、また八重咲きの品種も見られます。
 藤棚として観賞するのが一般的ですが、フェンスやアーチにからませたり、鉢植えで楽しむこともできます。家の壁面につるをはわせるのも、なかなかおしゃれです。


花・木の紹介へ戻る
トップへ戻る

富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合
〒403-0005
山梨県富士吉田市上吉田5605番地
TEL(0555)22-3355