キャットミント

●シソ科の宿根草。
 ハーブの一種で、葉はミントの香りがします。ドライフラワーやポプリ、切り花として楽しめます。
 初夏から秋の始めまでラベンダーブルーの花が咲き、とても元気がよく、ボリュームもあるので、草おさえとしても使われます。
 冬、地上部分を刈り込むと枯れてしまったように見えますが、暖かくなるにつれてびっくりするぐらい大きくなります。
 別名は「イヌハッカ」。ネコ(キャット)にイヌ、なんだか楽しい名前ですね。「キャット」と名前に入っていますが、ネコはキャットミントにはあまり興味がないようで、同じ仲間で白い花が咲く「キャットニップ」の香りのほうがすきみたいです。


花・木の紹介へ戻る
トップへ戻る

富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合
〒403-0005
山梨県富士吉田市上吉田5605番地
TEL(0555)22-3355