富士山の溶岩

 富士山の溶岩は玄武岩(げんぶがん)という岩石がもとになっています。この溶岩は、ねばりけが弱くサラサラしているため、とても流れやすいというとくちょうがあります。
 一般的に、ねばりけの弱い溶岩はなだらかな火山をつくり、ねばりけの強い溶岩は高い山をつくると言われていますが、富士山は日本一高い山です。ちょっとおかしいですね。
 つまり、富士山は例外的な山なのです。この理由についてはいくつかの説がありますが、まだはっきりとわかっていないようです。


花・木の紹介へ戻る
トップへ戻る

富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合
〒403-0005
山梨県富士吉田市上吉田5605番地
TEL(0555)22-3355