ニジマス

 この池で泳いでいるのはニジマスです。サケ科の淡水魚で、全長40cmほどになりますが、大きいものだと100cmにまで成長することもあります。
 1877年に北米から移入され、現在では日本各地で養殖されています。山梨県は長野県、静岡県に次いで3番目の生産量です。
 マスの仲間はきれいな冷たい水を好むため、年間を通して水温の変化が小さいわき水は養殖に適しています。そのため、わき水が豊富な地域で養殖がさかんです。
 また、各地の川や湖では野生化しているニジマスも見られます。野生のニジマスは昆虫や小魚などを食べ、川の中流から上流に生息しています。

●池


花・木の紹介へ戻る
トップへ戻る

富士吉田市外ニヶ村恩賜県有財産保護組合
〒403-0005
山梨県富士吉田市上吉田5605番地
TEL(0555)22-3355